口臭は自分では意外とわからない!

臭ピタッ

口臭は、自分では意外とわからないものです。
人から聞いて初めてそうだったんだぁと理解できます。
口臭の一つの原因は、料理の中に使っていたであろうニンニクです。

これは、牛乳を飲んだり、ガムをかんだり、今では、ブレスケアと呼ばれるカプセルを飲む事によって口の中の臭いを消臭してくれます。
その他の原因としては、歯と歯の間に食べかすが残っている場合があります。
これは、非常にくさい臭いを発するので歯磨きをした後に歯間ブラシやフロスを使って丁寧に食べかすを除去しましょう。

これだけである程度の口臭は防げます。
それでも臭い時には、舌が臭うかもしれないので、舌を洗うのもいいかもしれません。
それと体臭は、その人の仕事内容にも寄ります。

外で汗をかく職業なら汗臭くなりやすいので、こまめに着替えが出来ればいいですが、現実問題では難しいので、汗をかいたら香りがついているウェットタイプのシートで体をふくのを忘れずにしたらいいと思います。

それと、汗をかいたら臭いがついてくるので、スプレーをして汗の臭いを出さないような工夫も必要です。
わきがの場合は、かなりきつい臭いがすると思うので、こまめにスプレーをするのが一番です。

あとは、脇付近にパットを入れておいて、そのパットも香りがする物を入れておくだけで、嫌な臭いをすいとってくれて、良い香りを出してくれますので、小さな事の積み重ねが大事だと思います。
使い捨てになってるタイプが豊富に出ているので、こまめに変えてケアしたいですね。

体臭の原因には色々あります

体臭の原因は、色々あると思いますが、まず初めに便秘による体臭があります。
便秘を防ぐためには、毎朝、ヨーグルトにバナナにオリゴ糖をいれて善玉菌を増やし、腸内環境をよくしています。

海藻類のぬるぬる成分にはフコイダンが含まれているため、腸内で食物繊維の働きをしてくれるというの聞いたことがありますので、わかめや岩のりやあおさの味噌汁もなるべく一日一杯は、飲むようにしています。
その他に私のお気に入りは納豆にめかぶと生卵にのりを刻んでいれ、何度もかき混ぜてねばねばにして食べることです。

なんともいえない粘り気が、とても体にいいような気がして、ついついたくさん食べてしまいます。
白米を食べずに、押し麦や雑穀米をブレンドして食べることも食物繊維が豊富で便秘予防になります。
食生活を気をつけて便秘にならないように心がけています。

その他に体臭に気をつけていることは、まめにお風呂にはいり、殺菌効果のある石鹸で汗をかいた部分をしっかり洗うようにしています。
人間汗をかくのを止めることはできないので、臭いの元をなくするために清潔に心掛けています。
今石鹸にもいろいろな種類があり、ミョウバン成分の入ったものや渋柿や緑茶などから

つくられているものなど、おもしろいものがたくさんありますので、ぜひ試してみてください。
小さいころ、体臭をなくするために、ミョウバンをつけなさいと、ミョウバンを買ってきてそれを直接、脇や足などにつけていたことを思い出しました。
制汗剤のかわりだったんだろうな…と。

クリスタルローズ

そんな体臭で悩んでいる方にお勧めのサプリがあります。
それが「クリスタルローズ」です。